絶対音感とはどのようなものか

あなたはなぜ音感が人それぞれ違うのかわかりますか。 同じ歌を聴いてもなぜか人と感じ取り方が違っており、自分にとっては綺麗な音でも相手にとっては違和感があるような歌だと聞き取れてしまうようなことがあります。 なぜ音感が人と違っていて聞き取れるのでしょうか。

絶対音感はどんな力か

絶対音感とは音楽業界に関してとても有利であり、この力のおかげでたくさんの仕事を任されることもあるでしょう。 主に演奏家が多いイメージですが、彼らはこの力を使ってどんな風に取り組んでいるのかリサーチしてみましょう。 そうすればあなたも彼らと同じ力でどんな風に付き合いをすればいいのかわかるかもしれません。

音感に敏感なため

この絶対音感のせいで、いろんな音や楽器の音がかなり敏感になっているため、少し耳に負担がかかるというようなイメージもあります。 実際に彼らはその力でストレスを抱えている人も多く、この問題に対してどう取り組んでいたのか気苦労が多いかもしれません。

人の音感の違い

あなたは絶対音感を知っていますか。
例えばあなたが絶対音感でない普通の聴力を持っている場合、男性のテノールやバス、女性のソプラノやアルトなどを聞き分ける力はあってもより正確な音程や音階などを聞き分けられる力まではありません。
絶対音感を持つ彼らはその耳によってより正確な音を聞き分けられます。
どんな風に聞き分けられるのか、いくつか例を挙げてみましょう。
まず一度聴いた曲は作譜なしで、正確に楽器で演奏することができるのですが、これは聞いた音は全部覚えられることができるというものです。
ピアノなどでの演奏では音符が多く、それら全てを暗譜できるほどの聞き分けられる力を持っています。
また、自分がおかしいなと感じた音もすぐに直して、何が間違っているのかをすぐに把握することができるほどの能力です。
しかし音感が凄まじく聞き取れやすい人ほど、逆に大きなデメリットもございます。
音を細かく聞き取れるがゆえに車やビルの工事での騒音が自分自身にストレスを与えてしまい、耳を塞ぎがちになります。
また音程もしっかりと聞き分けられる力があるため、ドレミファソラシドの音をしっかりと聞き分けられないと不愉快な気分になり、モヤモヤした状態で日常生活を過ごさなくてはなりません。
このように絶対音感を持っている人には特殊な悩みがあり、その力を持っていても生活上にストレスが溜まることもあるでしょう。
何もいいことばかりではありませんが、絶対音感はすごい力を持っているのでこれを仕事にしている人もたくさんいます。