絶対音感とはどのようなものか

聞き取りかた

あなたは音の聞き取りかたは全員みんな同じだと思っていませんか。
もしあなたが音を聞いた時、みんなも同じ音の感覚を聞き取れていたのでしたら全員は音楽家並みに耳がいいと思うでしょう。
実際に音の聞き取りかたはみんな異なっており音の大きさは歳をとるごとに聞こえなくなっていくものです。
また生まれつきですが、小さい頃からいろんな音、ピアノやバイオリン、楽器の音を聴きまくっている人だと無意識に音の感じ取りかたがより発達しており、ほかの人たちよりもより細かい音程を聞き取れることができます。
このように人の聴力は異なっており、それは小さい頃からの訓練によって聴力を鍛えられることができます。
もしあなたの子供が未就学児であればその時いろんな音を教えてあげればかなり聞き分けられる力が発達すると思います。

年齢によって変わる

未就学児で、まだ知識を吸収していない状態でこの時からいろんな知識を教えていくとたくさん吸収してくれるようになります。
もちろん音楽もそうですが、音によって脳が活性化していき、周りの人よりもとんでもないスピードで音の聞き分けかたをすぐに把握してしまうことがあります。
未就学児にとっては新しい刺激が脳に来ているのでより活性化しやすいというカラクリになっています。
また高齢になると、例えばですが音のヘルツ数が高いほど聞き取れにくくなって、モスキート音というものが聞き取れなくなるのです。
このように年齢だけで音の感じ取れる大きさが異なることもあります。
もしかしたら未就学児の頃に鍛えた聴力によって歳をとっても他の人たちと比べて聴力が落ちにくくなるかもしれません。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ