音感に敏感なため

あなたの子供は

もしあなたの子供を絶対音感に育てようと考えて、いろんな音を聞かせまくると逆に脳が疲れたり、音を聞きすぎて一時的難聴になったりすることもないことはないです。
そうなってしまうと子供に大きなストレスがかかり音楽の道から目を背けてしまうこともあるかもしれません。
また絶対音感になったとしても日常的な生活でより細かすぎる音を聞いて心が不愉快になったりストレスが溜まってしまってこれからの子供の生活に大きな影響を与えてしまったら本末転倒となります。
その点に対してどうすればいいのかを考えてみましょう。
まず子供達は小さい頃から音楽に対して強い興味を持っているのか、その判断で様子を見て決めて行きましょう。

絶対音感は必要か

あなたの子供をこの先音楽家として育てるのでしたら絶対音感は確かに武器になりますが、それは子供の気持ちを優先してから決めていくしかありません。
しかし未就学児ではまだ子供の将来の夢など自分で決められることができませんので、その判断はあなたたち大人にかかっています。
もし音楽に対して興味を持っているそぶりがあれば、無理強いはせず一度オーケストラやオペラなどの舞台での演奏を聴かせて見てはどうでしょうか。
その後に自分の子供がさらに音楽に関して興味を示すのであれば、少しずつバイオリンを聞かせたり、ピアノを弾かせたりして楽しませながら音と密接した生活を過ごすことで、絶対音感になりやすくなるのもしれません。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ